トイレの水漏れやつまりへの対処法

トイレのつまりの原因でもっとも多いのが紙詰まりです。一度に大量のトイレットペーパーを流すと、トイレの水圧では流しきれずに途中で止まってしまいます。また、トイレットペーパーでなく水に溶けないポケットティッシュ等を流すと簡単につまります。大量の便がつまって流れなくなることもあるようですが、頻度としては多くはありません。

これらの対処法は、ラバーカップで取り除くのが一般的です。ラバーカップで対処できなかったり、何度もつまっているような場合には、業者に修理を依頼した方が安心です。繰り返している時には、配管の不具合も考えられます。つまりと同じように、水漏れもトイレのトラブルとしてはよくあることです。

タンク内の水漏れは、給水を止める機構のトラブルです。その機構がどこかに引っかかっているだけなら、解除することで漏れなくなります。配管からの水漏れは、パッキンを交換するだけです。作業としては簡単ですが、慣れないとどのくらい締めるのかが分からなくて、加減を誤ってパッキンを傷つけてしまう恐れがあります。

自信がない時には業者に依頼しましょう。最近増えているのがウォシュレットからの水漏れです。水道の元栓を止めれば水は止まりますが、根本的な解決にはなりません。複雑なウォシュレットからの水漏れは専門家でないと分からないものですので、最初から業者への依頼を選択するのが得策です。

場合によってはウォシュレットの交換が必要です。岡山の水漏れ修理のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする