すぐに実践したい水漏れやつまりの対処法

万が一水漏れがつまりが発生したら、その後にすぐに実践したい対処法があります。水漏れが起こった場合には、原因を突き止めて修理をするまでは使わないようにします。配管が緩んでいたりパッキンが傷んでいる時に勢い良く流すと、トラブルを悪化させてしまうかもしれません。調べてみて漏れ出ている箇所を特定できたら、応急処置としてその部分をタオル等できつく巻くと、ある程度は勢いを抑えられます。

箇所が分からない時には、被害が拡大しないように大きなタオルを敷き詰めて、少しでも早く業者を呼びましょう。排水管の接合部分に問題を抱えているケースでは、接続しているナットをしめ直すだけで止まることがあります。この時に気を付けたいのが、力強く閉めすぎると接続部が更に破損して悪化してしまう可能性があるという点です。応急処置のつもりが壊してしまっては本末転倒ですので、くれぐれも慎重に行いましょう。

排水パイプからの水漏れは、接合部分のゴムパッキンの劣化が原因です。パッキンを交換するだけなら自分でもできますが、色々な大きさがありますのできちんと確認してから購入することが大切です。つまりが発生したら排水トラップの掃除をするのが最初にやるべきことであり、ネットをつけている人はネットを交換するだけで解消できるかもしれません。見える範囲で目立つ汚れやカスを掃除しても良くならない時には、もっと奥深くに原因があります。

その場合は重曹とお酢を流してつまりを解消します。一度やってみて良くならなければ業者に電話をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする