排水管の水漏れ・つまりは自分で防止できるトラブル

水漏れやつまりの症状が住宅の水回りで起きたら、生活に影響が出る前になるべく早めの対処が必要です。特に、水漏れやつまりの症状が両方起きやすいのが排水管と言えます。排水管は、キッチンやトイレなど住居の中で使った生活用水を外部へ排出する役目を持つ部分です。正常に下水を排出するためにも、症状が出る原因を知って防止策を取るのが効果的でしょう。

例えば、キッチンの排水管で症状が起きるのは、調理や洗いものを片付ける際に排水と同時に野菜くずや油分を流してしまうのに理由があります。油は低温になるとべとべとと粘ついて、ゴミと一緒に排水管にこびりついてしまうからです。揚げ物や飲み残しの牛乳などを捨てる時は、量が多ければ別の場所に捨て、排水溝へ流したい場合はお湯で流す等のトラブル防止策をとりましょう。バスルームの排水管は髪の毛などを流してしまったり、石鹸カスを蓄積させてしまったりしてトラブルが起きます。

バスルームやキッチンの排水管は日頃から自分でクリーニングすることも可能です。排水管をクリーニングする専用洗剤や重層などをホームセンターなどで購入して使います。クリーニングの際は、沸騰する程の熱湯を使用すると排水管へ負担を掛けるので注意してください。また、つまりのほか、水漏れも自分でセルフチェックをしてトラブルを予防できます。

排水管の結合部を見て、漏れが起きそうな状態か漏れているならナットの緩みを調整しましょう。きつく締めてしまうと排水管が破損する可能性がありますので、力加減に注意して行ってください。すでに起きているトラブルが自分で対処できない状態であれば、すぐに専門業者へ修理を依頼すべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする