水漏れが起きたらつまりも確認が安心

住宅設備のうち、キッチンやおふろ、トイレを総称して水回りといいます。水は小さな隙間でもあれば通ることができて、高いところから低いところに流れるので壁の中や床下など見えないところに進んだり、時にはマンションで階下の住人に迷惑をかけてしまうこともあるのでトラブルに気づいたら早目の対処が重要です。水回りのトラブルは水漏れとつまりに分類することができますが、つまりが原因で行き場をなくした水が逆流して水漏れにつながったり、水漏れを治したつもりが別の場所で水道管を詰まらせてしまうなど複合的な症状につながることもあります。そこで、水のトラブルの対策は初期対応として現に漏れている個所を止めたり、つまりを解消した後に、原因がどこにあるか確認して根本対策をすることが大切です。

たとえば、トイレのつまりで排水管が完全に詰まってはいないが管が細くなってしまっている場合、一人が使用した後しばらく使う人がいなければ時間をかけて排水されますが、短時間に何度も水を流すと許容量を超えて逆流します。1か所で水漏れが起きたら原因も1か所であるという保証はなく、現象が起きたときにすぐに気がつける場所に人がいなければ拡大してしまうので、近くにいる人が気が付いて対処できるときに原因まで突き止めておくことが有効です。そこで、水のトラブルの修理業者には24時間出張対応している業者もあるので、早朝や夜間でも速やかにプロの点検を依頼します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする