パッキンの劣化が多い水漏れトラブルの修理

水漏れトラブルのほとんどが、パッキンの劣化により起こります。パッキンは何度も水を使っているうちに摩耗していき、いつの間にかきちんと蛇口をしめているのにポタポタと漏れ出るようになります。引っ越したばかりでこのようなトラブルに見舞われたら、借主が変わる時にきちんと修理していない証拠ですが、修理自体はパッキンを取り換えるだけで済みますので大きな問題ではありません。原因さえ分かっていれば、道具を用意してすぐにできます。

準備するべきものは、ホームセンターで売られています。ですから、あとは手順さえ押さえれば自分でも十分に修理が可能です。水漏れといってもパッキンが古くなって水を止められなくなっているだけなので、交換すると元通りです。これはもっとも軽いトラブルであり、専門家でなくても迷わず対処できる部類に入ります。

同じパッキン関連であっても排水管の方になると、どのような仕組みになっているかで迷うことがあります。その場合でも、インターネット上に掲載されている情報などを見ながら修理することが可能です。排水管のナットの緩みもかなり多いケースであり、ナットは工具があれば簡単にしまります。排水管部分から水漏れしていると酷い症状だと勘違いして慌ててしまいますが、よく調べてみてナットが原因だと分かれば、工具を用意してしめるだけで済みますので、落ち着いて対処しましょう。

どんどん水があふれてきたり原因が分からないケースでは、業者への依頼が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする