貧血を起こしやすい人は両国の内科へ

貧血や立ちくらみが頻繁に起こるので、仕事や買い物で外出するときに不安でたまらないという方があれば、両国の内科のあるクリニックで診てもらうことをおすすめします。外出中に急に貧血が起こると、事故に遭う可能性もあるので、大したことはないとは思わず、血液検査を受けるようにしてください。人によって違いますが、貧血の原因の多くは鉄不足による鉄欠乏性貧血です。消化器官などの内臓の出血による貧血もありますが、大抵は鉄が足りていないことによって起こります。

女性の場合は生理の際に貧血を起こしやすいので、鉄分の多い食事を摂るようにしてください。血液の病気を両国で診てもらうときは血液内科がおすすめですが、数が少ないので、近所にないときは無理に遠くまで行く必要はありません。両国の内科に行けば、血液検査を受けられるので、立ちくらみなどの症状が貧血によるものかどうかはすぐにわかります。血液検査のあとで、専門的な検査が必要と判明した場合は、それが可能な科を紹介してもらうようにしましょう。

食欲不振や、便や尿にも異常がある場合は、ただの貧血ではない可能性があります。その場合は両国の消化器内科に行って、胃や腸の検査を受けるようにしてください。痔の症状がある人も、一定期間の出血により、貧血になりやすいので、その場合は肛門科に行った方が良いでしょう。貧血以外に特に問題のある症状がないときは、両国の内科に行って、治療を受けるようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする