多汗症を治す方法とは

人は誰でも暑ければ汗をかきます。緊張をしてかく場合もありますし、汗をかくのは普通のことなのですが、異常に汗が出てしまう病気があります。その病気を多汗症といいます。多汗症には全身から出てしまう場合と、体のある一部分だけ量が多くなる局所多汗症とあります。

体質によるものであれば心配いりませんが、たとえば手のひらから以上に出てしまい日常生活に支障が出てしまうということであれば皮膚科を受診することをおすすめします。また、バセドウ病や肺結核、リウマチなど病気が原因であせが多くなる場合があるのでほかに身体になにか症状がある場合は必ず病院で診察をしてもらったほうが原因もわかり安心します。多汗症の治療方法は、簡単なものだと制汗スプレーを使用することや制汗効果があるアルミや銀を含んだスプレーやクリームを塗る方法です。病院で汗腺を減らす手術をする場合もあります。

昔は保険適用のない自由診療だったのですが最近では保険で手術をおこなうことができるようになったので、病院とよく相談して決めるといいです。手足に電流刺激を流して発汗作用を抑えるイオントフォレーシスという治療方法もあるのですが、この治療は定期的に継続して行う必要があります。精神的な緊張や不安から汗をかいてしまう自律神経が原因の場合は治療方法が異なるので注意が必要です。また、よくワキガと混同されるのですが、汗腺が異なるので全く別の病気です。

そのため原因をしるためにも専門家の治療が必要なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする