墨田区で内視鏡検査を受ける

墨田区で内視鏡検査を受けるには、内科、成人病検診センター、総合病院などが利用出来ます。機材の操作は熟練が求められますが、多くの場合専門医が行いますので安心です。検査には2種類有り、口か鼻から挿入して食道・胃・十二指腸などを検査する上部内視鏡検査、それから肛門から内視鏡を挿入する大腸内視鏡検査があります。どちらも粘膜面の異常、特に早期癌の発見に大きく寄与します。

経口の検査を受けた人の感想に、もう受けたくない、全然つらくないなど様々ありますが、チューブ状のものを通すわけですから、人によっては不安感と違和感から、吐き気がしたり苦痛を訴える方もおられます。この不安と苦痛を防ぐために時には鎮静剤が使われる事があります。また朝食は抜きで行います。肛門から挿入する検査の場合は、前日の夜から絶食で下剤も使われます。

挿入時は多少痛みがありますが、我慢できないほどではありません。小さいポリープは胃と同じようにその場で切除も可能です。胃癌や大腸癌は40代以降に増えてきましたから、早期発見がとても重要で、この検査は最も有効な手段になっております。墨田区の病院・クリニック・検診センターでも日常茶飯事に行われていますから、不安感を抱かないようにして下さい。

早期発見すれば完治する確率が非常に高く、転移や再発を防止できます。40歳を超えたら、墨田区の病院・クリニック・検診センターで毎年受診するように心がければ、癌も怖くはありません。AEDのレンタルのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする