墨田区で内視鏡の検査を苦痛なく受ける

墨田区で内視鏡を使った苦しくない検査を受けることができて、食道・胃・十二指腸や大腸などに炎症やポリープ、がんなどが起きていないか調べることができます。食道や胃などを検査する際、苦痛を軽減するために鼻から入れる方法をとることが可能ですが、極細になったといっても鼻の中を傷つけてしまう可能性があるため、口から入れる場合が多くなっています。口から入れても苦痛を感じさせないための対策は、麻酔を利用したものになり、咽頭麻酔を利用して部分的に感じさせなくするだけでなく、短時間眠らせている間に検査を済ませることも行っています。大腸検査で肛門から入れる場合であっても、寝ている間に済ませてもらうことは可能です。

墨田区で内視鏡検査を受けるとき、小さなポリープであればそのまま取り除くことが可能です。特に大腸にできたものは発見し次第取り除いて悪性でないかを確認が行われます。がんであったことが分かった場合には、後日手術が必要になる人もいますが、良性であったなら特に再手術などはありません。大きいポリープはその場でとれないこともあるため、後日手術になるときがあります。

胆嚢摘出や胃・大腸・虫垂切除などの手術は、墨田区のクリニックで内視鏡下で行うことができる場合があります。広く切開する必要がないため体に負担がありませんし、手術の状態によっては入院すら必要ない場合もあります。検査や手術前には、早めに食事を済ませるなどの対応が必要になりますから、当日も食事だけでなく喫煙も行えませんから、注意点を把握しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする