墨田区で胃内視鏡検査を受けるときの流れ

墨田区で胃内視鏡検査を受けるときには、毎年の健康診断ではない限り、胃カメラを受けることができる医療機関を受診して、胃カメラ検査の予約をとります。問診ではお医者さんに、胃の調子など気になることの症状を、詳しく伝えておくことです。墨田区での胃内視鏡検査当日は、朝は何も食べないですが前日の夕食後からも食事は制限します。基本的には前日の夕食後から検査までの間は、絶食をすることになりますが、食べられないことを前提に、過食をするのは控えることです。

意に負担が掛からない消化の良い食事が好ましいため、白米やうどんに魚などをよく噛んで食べます。油を多く使用する食事は控える必要がありますが、油漁師は胃に大きな負担をかけるからです。墨田区での胃内視鏡検査の前の日は、だいたい20時から21時には夕食を食べ終わるようにします。検査を受ける予約時間よりも、12時間以上前に最後の食事を終わらせて、検査の時には胃の中は空っぽな状態です。

空腹を感じても間食はしないようにして、ジュースやキャンディー、ガムなども控える必要があります。検査当日は胃カメラを受けて、もしも疾患の疑いがあるときには、内部の一部をつまんで取ることがあります。痛みを感じることはなく、生検が行われることがあります。検査が終わってすぐに結果が出ませんが、検査結果が出たら病院へ結果を聴きに行きます。

検査後に問題がないとわかっても、念の為に年に1回は胃カメラは受けたほうが良い検査です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする