人間ドックと健康診断の違い

人間ドックと健康診断の違いがわからないという人も多いです。簡単に言えば同じであり、異常を発見するのに有効的な検診になります。しかし根本的に違うのは、健康診断ではわからないものを人間ドックでは発見することができる点です。健康診断と人間ドックは基本同じことをしますが、特定の部位を検査したいのであれば人間ドックに分があります。

もっと自分の気になる部位に対して詳しく調べたいのであれば有効的な検診になります。法定検診といって同じ検診をすることになります。代表的な尿検査、血圧測定、血液検査、心電図、そしてバリウムを飲んでレントゲンといった一般的な検診を行いますが、人間ドックはオプションとして検査を付け加えることができます。健康診断で指摘された部位に対して詳しく調べることができますし、また親族ががん家系であれば特定の場所を詳しく調べることもできます。

また年齢によって弱っていく臓器もあり、また年齢別や性別で違う部位をオプションで詳しく調べ上げることが可能です。このように詳しく調べたいのであれば大きな効果をもたらす検診になります。そんな有効的な検診になりますが、ひとつデメリットがあります。それは健診を受ける費用が高い点です。

この費用が高いという点を嫌うことで受けたくないという人も多いです。会社によって支援があったり、自治体によっては補助金で支援してくれるところもありますが、万全な体制とはまだまだ言えないのが現状です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする