両国にある内視鏡の得意なクリニックです

昨今、内視鏡検査という言葉が広く使われるようになりました。これは、光を伝えるグラスファイバー素材を使ってリアルタイムで胃の中を観察する手法のことを指します。普段は見ることができない体の中の状態を、内視鏡の先端部に搭載された小型撮像素子を媒介してモニターに映し出します。そのことによって、医師が直接目で見ることができるという検査です。

胃や腸の中の実際の状態を専門家の目で見ながら、事と次第によっては、その部位の写真を撮影することができます。現在、医療機関で使用されているのは、胃カメラではなく、内視鏡なのです。よく、胃カメラと内視鏡を混同している人がいますが、両者は全く異なったものです。両国国技館や両国花火大会で全国的に知られている両国は、東京の著名な観光スポットの代表格として、多くの人の人気を集めています。

同地には、内視鏡検査を得意とするクリニックがたくさんあります。痛くない検査、また、眠りながらでも受けられる検査として、大変に好評です。食道、胃、十二指腸、大腸などの検査に非常に有効とされている検査です。検査の途中で、もし異変が認められた場合、顕微鏡で細胞を確認するために、部位の一部を摘み取ることも起こり得ます。

生検と呼ばれています。このような形で、病気の正確な診断と治療を行うものです。両国では、この検査を実施できる医療機関が多くあり、地域住民のみならず、近隣の人たちも多く受検しているのが事実です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする